1. ホーム
  2. Coffee Break Time
  3. こんなん出てきました。

先日、某テレビ局の収録があり

昔の写真資料を整理していたら
(収録の内容は解禁になったらアップしますね)

こんなん出てきました!!

旧中塚クリーニング店

なんとまあ貴重な写真。

車はスバルサンバー

ナンバープレートを見ると

6 兵

電話番号を見ると局番

86

昭和の何年ごろだろう。

私の記憶は結構幼少まで覚えていて

よちよち歩いているときのイメージが鮮明によみがえってきます。

私は昭和32年生まれなので記憶から推測すると

昭和35年(1960年)頃だろうか。

初代は早くからドライ機を導入し

神戸では初のドライ機導入で各所から見学に来ていたようです。

当時のドライ機はオープンワッシャーと言って

ドラム缶を横にしたような形をしており

正面のハッチを開けて洗濯物を入れて洗います。

引火性の溶剤を使いますので

ドライ機のブースは

4畳半ほどコンクリートブロックで囲んだ場所にありました。

ドラムの中に入って遊び、よく怒られたものです。

車はほかにオート三輪のダイハツミゼットがあったなぁ。

ハンドルはバイクの様に一文字で立って乗ります。

ドアは無かった。

今では考えられない仕様です。

初代中塚國二

(初代國二の後方にミゼットが見える)

当時のクリーニングははぶりが良かったのか

早くからテレビなるものが我が家には存在し

当時の一番古い記憶では

ブリキをかぶせただけの様な鉄人28号の実写版が放映されていた。

鉄人28号

今思えば笑っちゃいます。

話は戻しまして

初代(おじいちゃん)の創業は赤穂で初めて営んだ時にさかのぼると

大正14年(1925年)になるそうですが、

その頃は「神戸屋」と言う屋号だったらしく

なぜ「神戸屋」なのかと申しますと

初代の奥さんつまり私のおばあちゃんが神戸出身だったからだそうです。

昭和7年(1932年)に神戸で再開してその時の屋号が「中塚洗染店」となり

ドライ機の導入ごろから「中塚クリーニング店」に変わったようです。

きっとその頃の写真なんでしょうね。

ディレクターが持って帰ったんで

放映時にはお披露目かもしれません。

年明けごろには収録の詳細をお伝えできると思いますので

お楽しみにしていてくださいね。

お洒落のメンテナンスなら
セレブが選ぶ高級クリーニング
中塚クリーニング「Royal MIYABI」
☎078-802-1614
お問い合わせはこちら